中小企業積立NISAのひふみ、日経平均の上下動で、運用損益-1%

Pocket

中小企業積立NISAのひふみ、日経平均の上下動で、運用損益-1%
中小企業積立NISAのひふみ、日経平均の上下動で、運用損益-1%

序文

はい。

今年の4月から話題の積立NISAを始めてみました。

購入開始の時期的には、米中の貿易戦争が起こる前の時期で、米国の景気が良く、日本企業の風向きも(少なくとも株価は)良かった時期です。

銘柄は、こちらも話題の「ひふみ」一択。

日本の経済を支えている高収益中小企業に投資するファンドです。

一般に、日本の中小企業から中堅企業のなかで、マザーズJASDAQに上場している企業の中には、株価の割には利益の多い「バリュー株」という、「割安株」があったりします。

「ひふみ」ファンドは、そういった「バリュー株」に投資をして、投資対象の企業が大きな利益を出して、株価が上昇することを期待しています。

しかし、私の場合は、購入時期が良くありませんでした。

株価のピークであり、いわゆる「株(投信ですが)の高値掴み」をしてしまいました。

意外と頑張るトランプさん

意外と頑張るトランプさん
意外と頑張るトランプさん

そう。

トランプさんが頑張ったんです。

中間選挙のために。ノーベル平和賞のために。そして、米国の国益のために。

そのため、北や中国、他もろもろの国や世界経済に停滞感が生じました。

今や世界の市場、中国と貿易戦争を開始したのです。

このあおりを食らったのは、どこかといえば、そう、日本です。

米国経済の好調さが継続して、円安ドル高になってきていたのに、関税やら、TPPやら、米国に工場を持てやら、日本の車市場を開放しろやら。

また、中国との密接な経済圏を作っている日本(結構資本投資しています)の経済と、同じく中国経済に依存する東南アジアの経済が急速に悪くなってきました。

日経平均も激しく上下しています。

一時的に円安になっては22,800円くらいになったり、トランプさんがなにかやったら、21,800円になったり。

そのため、大変好調だった「ひふみ」ファンドも、雲行きが怪しくなってきました。

もちろん、初期の「ひふみ」の基準価額から投信を購入していた人は、まだまだ上昇幅が大きく、余裕があります。

しかし、4月に高値掴みした私は、3ヶ月で-1%(年換算で-4%)の評価損になってしまいました。

でも、ドルコスト平均法で、頑張ります

でも、ドルコスト平均法で、頑張ります
でも、ドルコスト平均法で、頑張ります

でも、高値掴みしても、継続して購入してけば、長期的に割安になるのがドルコスト平均法のいいところ。

このまま継続して、定額で購入していきます。

そうすることで、高値のときは割高の投信を少ししか変えず、安値のときは割安の投信をたくさん買えます。

ここで解約したら、まさに「高値でつかみ、安値で売る」という株式(投信)失敗事例そのままですね。

あくまでドルコスト平均法は中長期的投資に向いています。

まとめ

今日の学びをまとめると、以下のようになります。

  • 4月あたりから、米中貿易摩擦に始まり世界不安で、経済が落ち込んだ
  • 特に、日本や東南アジアなどがあおりを受けた
  • その結果、日本の株価の上下動が激しくなった
  • 投資はあくまで中長期的に行うもので、一時的な下落時に売ってはいけない

もし、投資額が大きかったら、色々と迷うと思います。

自分の場合は、月々5,000円の投信でしたので、また、絶対額-150円程度の損失でしたので、大丈夫でした。

これも、学びと思って、これからも、世界経済、日本経済を注視していきたいと思います。

皆さんも、株価の値動きだけにとらわれずに、長期投資のやり方を工夫されてくださいね。

それではー またー (^_^)/

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、2016年にフリーランスに転向。直近でWeb関係のお仕事に移行していたので、WordPress、PHP、MySQL、JavaScript、HTML、CSS、Webライターなどのお仕事をしています。 2008年から、勝間和代氏、小宮一慶氏、マイケル・ポーター、ドラッカー、デール・カーネギーなどの本を読んで仕事に生かしています。 投資を始めたきっかけは、やはり、勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」でした。あ、自分でも理解できる方法で投資できるんだ!とか思って衝撃を受けました。 この本を読んで8年後に、自分が投資信託を購入してみるとは。(^^; この8年で小宮一慶さんの本やグロービスの「MBAファイナンス」なども読んでいました。他にも「FP3級」本は読むことは読みましたが正直役に立ったかはわかりません。 でも、やってみれば、特定口座開設とか、ネット証券利用とか、意外とあっさりできました。 趣味は読書で、前述の小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎の三国志などが好きです。