小銭を貯金箱に 貯めて ポケットマネーを 積立・投信の 軍資金に

Pocket

小銭を貯金箱に 貯めて ポケットマネーを 積立・投信の 軍資金に
小銭を貯金箱に貯めてポケットマネーを積立・投信の軍資金に

月々3,000円×2、小銭が貯まりますか?

はい。

私は、試みに、銀行への定期積立、証券会社への定期積立投資信託月々3,000円×2、積み上げて行ってます。

また、来年度用に先行して、預金を別枠で貯めています。

もう、1年半~1年7ヶ月分は先行して、預金に貯金しています。

その原資は、・・・、貯金箱、です。(FILCOのキーボードも一緒に写ってますが)

500円をいっぱいに貯めたら10万円たまる貯金箱

なにやら「風水」とかも書いてありますが、私は無神論者でして、かつ、お金もないので、100円ショップで買ったプラスティックの貯金箱です。

いわゆる、アレ!500円玉をいっぱいに貯めたら、10万円分貯まる、というサイズの貯金箱です。

お金の投入口も500円玉サイズになってますが、かまわずに、すきあらば1円~500円の小銭を、ガンガン、そりゃもうガンガン入れています。

また、別途財布も用意して、余裕のあった1,000円札を投入しています。

先行投資の安堵感

なぜに、そこまで貯めるの?という感じがしますね。

自分でもよくわかりませんが、とりあえず、無駄に余ったお金を投入すると、安心するんです

すでに、定期積立用資金は今年度の分とさらに来年度の分の1年半分軍資金があり、バッファ(緩衝材)は6ヶ月以上です。

さすがに、不安定なフリーランスでも、6ヶ月くらい余裕があれば、大丈夫だろう、と。

まあ、額が3,000円×2と小さいからでもありますが。

なんといっても小銭の投げ銭感

なにせ、買い物をした後の余ったチャラい小銭を、タクシーの運ちゃんにあげるように、自分に投げ銭している感じなので、苦しい感じはしません。

ちょっとした買い物をしようとするときに、あれ?小銭がないな、くらいの困り具合です。

また、自分は多くの買い物はセブンでしかしないため、nanaco決済ですので、まず小銭が必要ありません。

それ以外の買い物は、エレナかコスモス(長崎ローカルですみません)です。こちらはディスカウントしてくれる上に、私に小銭をくれる!

といった次第です。

結論

始めてみてわかったのですが、この小銭投げ銭貯金箱の効果は、意外と大きいということです。

いつの間にか、3,000円とか、4,000とか貯まります。

小銭の金額は数えません。

銀行のATMの小銭入れに入れて通帳に記帳して確認しています。

しかも、メインの買い物を邪魔する感がまったくないです。

余計な出費をガマンしよか、みたいな、自己セーブ感が少しあるくらいです。

皆さんも、この機会に、100円ショップで貯金箱を購入されることを検討されても良いかもしれませんねw100円ですし

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、2016年にフリーランスに転向。直近でWeb関係のお仕事に移行していたので、WordPress、PHP、MySQL、JavaScript、HTML、CSS、Webライターなどのお仕事をしています。 2008年から、勝間和代氏、小宮一慶氏、マイケル・ポーター、ドラッカー、デール・カーネギーなどの本を読んで仕事に生かしています。 投資を始めたきっかけは、やはり、勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」でした。あ、自分でも理解できる方法で投資できるんだ!とか思って衝撃を受けました。 この本を読んで8年後に、自分が投資信託を購入してみるとは。(^^; この8年で小宮一慶さんの本やグロービスの「MBAファイナンス」なども読んでいました。他にも「FP3級」本は読むことは読みましたが正直役に立ったかはわかりません。 でも、やってみれば、特定口座開設とか、ネット証券利用とか、意外とあっさりできました。 趣味は読書で、前述の小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎の三国志などが好きです。