日本株式市場は 長期投資家向けの 市場じゃない!?

Pocket

日本株式市場は 長期投資家向けの 市場じゃない!?
日本株式市場は長期投資家向けの市場じゃない!?

序文

はい。

日経平均が2万4千円を超えそうになったとき、「マジか?マジなのか?日本の景気回復は真面目な話、本当だったのか」とか思ってましたけど、そこはさすがに、バブルでしたね。

現在は、「市場の調整」が行われている段階で、株式市場が実体経済のレベルに落ち着くまで、日経平均は下がって行く見込みです。

ところで、この日本の株式市場、実は今、長期投資家向けじゃない、と言われています。

なぜでしょうか?

上がり相場で高値で買い、下がり相場で安値で売る

株を買った人のよくとる行動として、 「上がり相場で高値で買い、下がり相場で安値で売る」という格言があるそうです。

ちょっと前まで株式市場は大ブームで上がり相場でしたよね。

この時に株や投資信託を買う人がだいぶ増えたらしいです。

国もNISAに加え、2018年1月から積立NISAを始めました。

ちょうど2018年2月初旬頃に日経平均が2万4千円を超えるか?というときでしたので、まさに株価は高値

そして、トランプさんの政策や世界経済の悪化による、日経平均とダウの大幅下落による株価の大幅下落がありました。

2017年末頃から2018年1月に買った人は高値で買っています。

この大幅下落時に売った人は安値で売っています。

相場が下がると、日銀さんが下支えしてくれる

実は、日本は現在、相場が安くなると、かならず日銀さんが株を買い、相場を戻してくれるという怪奇現象(回帰現象)が現れているそうです。

日銀さんは、日本の景気を良くして、期待インフレ率のターゲットを2%に設定し、実際にインフレ率が2%になることを目指して金融政策を実施しています。

そのため、日本の景気が悪くなりそうだと、色々と手当てをしてくれるようになったのです。

景気が良くならないと、インフレにはなりませんので。

そのため、今は株価は上がることはあっても、大幅に下がることはないのです。

なぜ、日本の株式市場は長期的投資家向けじゃないの?

米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、「デイトレーダーが相場を荒らして相場を下げてくれるおかげで、株式を安く買える。また、デイトレーダーが、短期の業績を求め相場を高くしてくれるおかげで株式を高く売れる。」と言っているそうです

そう、「下がり相場で安値で買い、上がり相場で高値で売る」ことを実践しているのです。

相場は短期的には乱高下します。しかし、長期的には相場が安い時期と相場が高い時期があります。

株式や投資信託をうまく買うには、長期的に株式や投資信託を保有する目的で、相場が安い時に買う必要があるのです。

そして、相場が高くなってから、売る

しかし、先ほど述べましたように、日本市場では日銀さんが頑張っていて、相場を安くしないようにしているのです。

そのせいで、長期的に株式や投資信託を保有したいと思っても、高値つかみになるため、なかなか、長期的投資ができないのです。

これが、今の日本が、長期的投資家向けの株式市場ではない理由です。

結論

日本の経済や景気をよくするために、日銀さんが頑張っています。

そのため、日本の株式市場は大きく値がさがることは、当面ありません。

しかし、そのせいで、株式や投資信託を安く買う機会がなかなかおこりません。

そのため、日本の株式市場は長期的投資家には向いてなかったのでした。

経済も色々なプレーヤーの色々な目的があって、一筋縄ではいきませんね。

でも、あきらめず、今後の日本の株式市場と日銀の動向を注視していきましょう。

それではー またー (^_^)/

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、2016年にフリーランスに転向。直近でWeb関係のお仕事に移行していたので、WordPress、PHP、MySQL、JavaScript、HTML、CSS、Webライターなどのお仕事をしています。 2008年から、勝間和代氏、小宮一慶氏、マイケル・ポーター、ドラッカー、デール・カーネギーなどの本を読んで仕事に生かしています。 投資を始めたきっかけは、やはり、勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」でした。あ、自分でも理解できる方法で投資できるんだ!とか思って衝撃を受けました。 この本を読んで8年後に、自分が投資信託を購入してみるとは。(^^; この8年で小宮一慶さんの本やグロービスの「MBAファイナンス」なども読んでいました。他にも「FP3級」本は読むことは読みましたが正直役に立ったかはわかりません。 でも、やってみれば、特定口座開設とか、ネット証券利用とか、意外とあっさりできました。 趣味は読書で、前述の小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎の三国志などが好きです。