2017/12月のピーク時に投信購入 2018/2のトランプ景気で5%の 投信マイナス でもドルコスト平均法でコスト安

Pocket

2017/12月のピーク時に投信購入 2018/2のトランプ景気で5%の 投信マイナス でもドルコスト平均法でコスト安
2017/12月のピーク時に投信購入2018/2のトランプ景気で5%の投信マイナスでもドルコスト平均法でコスト安

「上昇相場で高値でつかみ、下落相場で安値で売る」という格言

はい。

現在、楽天証券で投資信託積立(以下、投信積立)をしています。

初年度ということで、小さく始めていて月々3,000円を積み立て、1,000円ずつ3つの投信に投資しています。

しかし、購入開始時の2017/12が世界同時株高のピークで、日経平均も24,000円台に載るかどうか!?とか騒がれていたときでしたので、かなりの高値づかみをしました。

投資初心者のよく行いがちな間違った心理的行動として「上昇相場で高値でつかみ、下落相場で安値で売る」という格言がありますが、まさにその通りです。

楽天証券の積立投信の状況

ここで、自分の投信状況をお見せします。

36000円の資金で-512円の損失
36000円の資金で-512円の損失

投信資金36,000円のうち、15,000円をすでに購入していて、-512円の損失が出ています。

-4%~-5%の損失です。

一般には、-5%の損失が出たら、「損切り」といって売却し、それ以上損にならないようにするそうです。

しかし、ドルコスト平均法は、相場が安いときほど、購入口数が多くなり、購入した口を平均すると、コストが安くなるという方法ですので、このまま定期購入を続ける予定です。

投信の購入状況

投資先状況
投資先状況

現在は、3つの投資信託に毎月1,000円ずつ購入しています。

しかし、すべて株式購入のファンドです。

一応すべてインデックス型ファンドですが、すべて株式でそろえるのはあまりお勧めの投資の仕方ではありません。

専門的には、エフィーシエント・フロンティア・ラインという一番リスクが低くリターンが大きい投資状況にするために、国債などリスクフリーの投資先も購入します。

他にも金など金利に関係ないコモディティ(実物商品)にも投資し、金利変動リスクを減らします。

自分の場合は、金銭的余裕がないため、現在は株式のインデックス(指数連動型投信)・ノーロード(手数料無料)のみを購入しています。

トランプ相場の際は、株価が大幅に下がりましたので、国債なども持っていれば、-5%も損失が出ることはなかったということになります。

相場の下げを如実に物語るグラフ

相場は急激に下がっています。
相場は急激に下がっています。

上図は、インデックスファンドの一つの基準価額の変動のグラフですが、2017/12をピークに、一気に下がっています。

現在も復調の兆しはありません。

もともと、相場がバブル気味だったので、実体経済に合わせて相場の調整が行われた、という見方もあり、もう2017/12のような世界同時株高になることはないかもしれません。

しかし、自分も日経新聞などをウォッチしていますが、世界経済は依然として堅調です。

ただ、日本の株価が輸出産業の業績により変動しやすいのもあり、日本の株価は米中の貿易交渉にかなり依存するものの見られます。

そのため、日本株のみのファンドに投資していると、結構危険かもしれません。

結論

相場は下がっていますが、損切りはしません。

むしろ相場が下がっている時が、安値で投信を買う機会ですので、積極的に口数を購入します。

その方がドルコスト平均法的に、トータルでの投信のコストがさがるという原理があるためです。

いずれにせよ、楽天証券で投信を買うことにより、自分も日経新聞を読んだり、景気指標を読んだり、色々と日本や世界の株価や経済に興味と関心を持つようになりました。

月々3,000円でできる経済の学習と思ってます。

それではー またー (^_^)/

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、2016年にフリーランスに転向。直近でWeb関係のお仕事に移行していたので、WordPress、PHP、MySQL、JavaScript、HTML、CSS、Webライターなどのお仕事をしています。 2008年から、勝間和代氏、小宮一慶氏、マイケル・ポーター、ドラッカー、デール・カーネギーなどの本を読んで仕事に生かしています。 投資を始めたきっかけは、やはり、勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」でした。あ、自分でも理解できる方法で投資できるんだ!とか思って衝撃を受けました。 この本を読んで8年後に、自分が投資信託を購入してみるとは。(^^; この8年で小宮一慶さんの本やグロービスの「MBAファイナンス」なども読んでいました。他にも「FP3級」本は読むことは読みましたが正直役に立ったかはわかりません。 でも、やってみれば、特定口座開設とか、ネット証券利用とか、意外とあっさりできました。 趣味は読書で、前述の小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎の三国志などが好きです。