ASEAN景気に大ブレーキ 中国スマホ 1月~3月27%減

Pocket

ASEAN景気に大ブレーキ 中国スマホ 1月~3月27%減
ASEAN景気に大ブレーキ 中国スマホ1月~3月27%減

序文

はい。

景気活況で、中国・EUと共に、世界同時株高を押し上げていたASEAN諸国(東南アジア諸国)ですが、ここにきて大ブレーキのようです。

それには、中国と米国の貿易摩擦も関係していますし、中国の国内事情で中国内需の問題もあります。

また、堅調だったEUの経済も停滞気味のようです。

中国と米国の貿易摩擦

折しも、中国と米国の貿易関係は非常に悪化していて、今後交渉で穏便にすませると言ってますが、ほとんど殴り合いの喧嘩みたいなものです。

中国・ロシアが結託して、シリア・北朝鮮のカードを使って米国にケルナグール状態です。

そこで、トランプさんが怒って、中国を対象に中国の鉄鋼などの輸入品目に高い関税をかけることになりました。

中国の鉄鋼の主要な輸出先は米国でしたので、当然、中国製の鉄鋼は売れず、あまった中国の鉄鋼はアジア諸国に販売されることになったのです。

そして鉄鋼の供給が非常に多くなり、鉄鋼を必要とする人(需要)を大幅に上回ったため鉄鋼の価格が2割も下がり、中国の鉄鋼会社の利益率がかなり下がっています。

中国の2018年1月~3月のスマホ出荷台数は27%の減少

また、中国の内需を支えてきたスマホ市場ですが、2018年1月~3月のスマホ出荷台数は前期の27%減という2桁の減少でした。

まだ、何がその原因なのかはっきりとした報道はないです。

また、春節の影響とも言われています。

そのため、27%の減少は一時的なものだと憶測を呼んでいます。

しかし、一時的なものとはいえ、27%も売上が下がれば、スマホ会社は軒並み赤字です。

実際2017年度も実績として、スマホ出荷台数は減少していたとのことです。

ASEAN諸国は半導体と食料品で貿易黒字だった

タイ、ミャンマー、マレーシアなどに代表されるASEAN諸国は最近まで、景気が絶好調でした。

それは、主に半導体の原材料と食料品の貿易による貿易黒字が要因です。

その主要取引相手(輸出先の国)は、中国です。

しかし、先の通り、中国のスマホの売上高は27%の減少でブレーキが掛かり、当然、その原材料の半導体の売上も下がります。

ASEAN諸国はこれから、道路や通信・電気インフラを整備していくための政府投資が着々と決まり、これから、というところでした。

当然、現在の景気の動向は非常に重要です。

現在のASEAN諸国の景気の動向の指標として、「PMI」がありますが、PMIの値は現在50.1.以前は50.7でした。

PMIは50を上回れば上回るほど景気が良い指標です。

だいたい47~53の範囲に収まります。

それが2018年3月に入って、前月比で0.6も下がったのです。

結論

ASEANはこれから伸びる経済圏です。TPPもしかり、日本もかなり資本投資しています。現地の日本企業も多数あります。

特にASEANは人口が大幅に増加するポテンシャルがあり、これからの経済発展が期待されている経済圏です。

しかし、中国への依存度が高すぎる傾向にあります。

中国は中国で、輸入する代わりに、軍事的圧力(実際、ASEAN諸国の港などに中国軍の基地ができたりしています)とともに、中国製品を買わせたり、米国への迂回経路輸出をせまったりしています。

日本としても、関わりの深いASEAN諸国と、なんとか、良い方向で共栄共存していきたいものですね。

今後ウォッチしていく対象としては、かなり重要でしょう。

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

IT企業で経験を積み、2016年にフリーランスに転向。直近でWeb関係のお仕事に移行していたので、WordPress、PHP、MySQL、JavaScript、HTML、CSS、Webライターなどのお仕事をしています。 2008年から、勝間和代氏、小宮一慶氏、マイケル・ポーター、ドラッカー、デール・カーネギーなどの本を読んで仕事に生かしています。 投資を始めたきっかけは、やはり、勝間和代さんの「お金は銀行に預けるな」でした。あ、自分でも理解できる方法で投資できるんだ!とか思って衝撃を受けました。 この本を読んで8年後に、自分が投資信託を購入してみるとは。(^^; この8年で小宮一慶さんの本やグロービスの「MBAファイナンス」なども読んでいました。他にも「FP3級」本は読むことは読みましたが正直役に立ったかはわかりません。 でも、やってみれば、特定口座開設とか、ネット証券利用とか、意外とあっさりできました。 趣味は読書で、前述の小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎の三毛猫ホームズシリーズや司馬遼太郎の三国志などが好きです。